ニキビの芯は肌の手入れを見直すきっかけ

あなたはニキビの芯を見たことがありますか。ニキビの芯の正体は皮脂が固まったもの
です。ニキビの芯が出来た時には、肌が炎症を起こしています。

 

◆ニキビの芯は肌の手入れを見直すきっかけ◆

 

皮脂が活発に分泌される時や、肌のターンオーバーが乱れて毛穴に古い角質が残っている
時、アクネ菌が皮脂を攻撃することで皮脂がニキビの芯に変わります。
ニキビの芯は初期症状のため、この段階で対処すれば、ニキビの悪化を防ぐことが
できます。つまり、肌の手入れを見直すきっかけとして、肌が教えてくれているのが
ニキビの芯とも言えるのです。

 

ニキビの芯の状態から悪化させないためには洗顔が重要です。
泡立てた泡で優しく丁寧に洗顔してみてください。手で触らず擦らず、クルクルと円を
描くように泡でやさしくマッサージをするように洗顔するのです。ふわふわした感触が
気持ち良いのではないでしょうか。

 

尚、洗顔が大切だからと言って、1日に何度も洗顔をすることは良いことではありません。
必要以上に皮脂を奪ってしまうことで、皮脂が足りないと判断され、皮脂が過剰に分泌
されるので、ニキビが悪化する原因となってしまうのです。

 

ニキビの芯が気になる人は、皮膚科で芯を出してもらいましょう。
自分でも芯を出すことは出来ますが、個々人の肌質にもよるため、誰にでも問題ないと
いうことではありません。芯を押し出すための道具も必要で、雑菌が入り込まないように
細心の注意を払う必要があります。下手をするとニキビが悪化する可能性もあります。
特別な理由がなければ、自分でニキビの芯を出すことは避けましょう。